外郎(ういろう)

6a825547632dc449415c06a25810b434

しっとり上品で雅な銘菓、山口にあり

 室町時代から愛される山口を代表する銘菓「外郎」。名古屋や小田原のものも知られていますが、名古屋の外郎が米粉を使い、もっちりとした食感であるのに対し、山口の外郎はわらび粉が主原料で、ぷるぷると柔らかいのが特徴です。

 基本的な製法は、わらび粉にあずき餡、小麦粉、砂糖などを加えて練り、枠に流して蒸し上げるというもの。山口市内には外郎を作っている店が何軒もあり、それぞれに工夫を凝らしているので大きさや味わいも個性豊かです。あずき餡がこし餡だったり粒餡だったり、抹茶味、夏ミカン味、りんご味、栗味・・・と期間限定の外郎もありいろいろ楽しむことができます。

 また「生外郎」があるのも山口ならでは。真空包装せずに蒸した外郎で、よりしっとり柔らかい口当たり。日持ちがしないのでぜひ山口においでになってご賞味ください。