車えび

kurumaebi

エビ好きが泣いて喜ぶエビ尽くし

 「好物はエビフライ」という方も多いことでしょう。秋穂地域は日本の車エビ養殖事業発祥の地。昭和38年(1963)に塩田跡地を利用して車エビの養殖が始まり、今も盛んに行われています。産地ということで秋穂地域では車エビをフルコースで堪能できます。エビフライはもちろん、刺身、塩焼き、煮物、蒸し物、茶碗蒸し、頭部のから揚げなどなど、思わず歓声が上がる品揃えです。

 食事だけでなくエビそのもの、あるいは加工品もいろいろあります。生きたままの車エビ、あるいは急速冷凍した車エビは贈答品として人気。みそ漬けも秋穂の特産品です。車エビばかりでなくアカエビ、ブトエビなどもよくとれるので、干しエビ、えびせんべい、ふりかけ、雑炊、調味料などに加工されています。

 そして海水浴場の浅瀬に車エビを放し、制限時間内に何匹とれるかを競う「えび狩り世界選手権大会」。とったエビはそのまま持ち帰ることができるとあって、最近は参加者を選ぶ抽選の当選倍率が20倍を越えることも。エビのまち秋穂ならではの人気イベントです。