阿知須くりまさる

kurimasaru

ハイクオリティなブランドカボチャ

「阿知須くりまさる」は、甘く濃厚な味わい、ほくほくした食感と煮崩れのしにくさが特徴のカボチャです。
瀬戸内海に面した阿知須地域では昔からカボチャ栽培が盛ん。その阿知須地域でJA山口宇部カボチャ生産組合はカボチャを特産品にしようと取り組んできました。土づくりから芽かき、枝切りなど大変な手間をかけてていねいに栽培されたものの中から、さらに厳しい出荷前検査をクリアしたものだけが「阿知須くりまさる」の名前で出荷されています。1個の重さは1~2.5kg。価格は少し高めですが、店頭に並ぶと(7~8月と12月)いつも早々に売り切れる人気者です。
道の駅きららあじすではこの「阿知須くりまさる」と、くりまさるを使ったパン、コロッケ、スイーツに出会えます。通年味わえるものもありますが、基本的に旬のもの。時期が来たら要チェックです。